自分はどのような不眠の種類なのか理解して不眠を治しましょう。

中々寝付けない、眠っていたのに突然目が覚めてしまった、などの睡眠の質が低下している人が近頃は増えてきています。

数々ある理由の中の1つに、いつでも動くことのできる生活習慣やインターネットの拡大等があります。

今までは、連絡を取ろうと思ったら電話や手紙など決まった方法しかありませんでしたが、近頃は携帯電話やメールなど簡単に連絡することが可能になりました。

とても役に立ちますが反面、四六時中連絡を取ることができるともいえます。

インターネットを利用すればどんな時でも頼めるので、仕事やプライベートで、いつでも誰とでも連絡をとれるということになります。

この状況が、自分でも気づかないうちにストレスを感じて溜めていることになりますので、インターネットなどの過度の利用には気を付けましょう。

睡眠薬を使用する前に睡眠サプリを使用してみよう

連日、睡眠不足になっていると、体が疲弊する以外に精神的にも疲れてきます。

しっかりと就寝したいと望んでいても、睡眠薬をいきなり使用するのは何となく心配になりますよね。

そんな時は、近頃人気のある睡眠サプリを使用してみてはいかがでしょうか。

様々な種類のサプリが発売されていますので、睡眠薬を使用する前に1度睡眠サプリを使用してみてください。

睡眠薬と睡眠サプリの差とは

睡眠サプリは睡眠薬のように副作用が無いので体へ負担をあまりかけずに、継続して使用できます。

そして、【健康食品】として売られているため薬には分類されておらず、睡眠を手助けする食品になります。

そのため、睡眠薬みたいにすぐ効果は現れませんが、数週間継続して使用することで、体の調子を良くするサプリになります。

睡眠サプリに使われている成分

睡眠サプリに使われている成分について説明します。

ギャバ

ギャバは様々な睡眠サプリに使用されている、睡眠効果が期待できる成分です。

研究によると、不眠を患っている大抵の人の脳内のギャバの量が健康は人より少ないことが判明しました。

グリシン

アミノ酸の中の1つです。

途中で目が覚めてしまう人や眠りにくい人は、1日に3000mgの量を摂り入れると良いといわれています。

トリプトファン

睡眠と密な関りがあるセロトニンの原料になる成分です。

人間の体内で製造することができない成分で、食事やサプリメントなどから摂取しなくてはいけません。

トリプトファンもアミノ酸の中の1つで、1日に500から600mgの量を摂り入れることにより、睡眠が良くなる効果が期待できます。

メラトニン

別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれるメラトニンは睡眠導入の効果があります。

不眠の原因にもなる、体内時計を整えてくれます。

説明してきました成分が睡眠サプリには含まれていて、自分の不眠の原因の種類により効き目のある成分を見極めて摂取することにより、一層効果が期待できます。

入眠障害、中途覚醒、早期覚醒、のように不眠の種類は人により色々あります。

不眠のタイプ別おすすめ成分

不眠の種類により効き目のある成分を説明します。

寝付くまで時間のかかる入眠障害の人

この種類の人に適した成分はギャバやメラトニンで、ギャバが含まれている睡眠サプリがおすすめです。

眠っても途中で目が覚めてしまう中途覚醒の人

この種類の人に適した成分はグリシンで、グリシンが含まれている睡眠サプリがおすすめです。

眠りについても早い時間で目が覚めてしまう早期覚醒の人

この種類の人に適した成分はトリプトファンで、トリプトファンが含まれている睡眠サプリがおすすめです。

自分の不眠の種類に適した成分が含まれているサプリを摂り入れることで、不眠を治すことができます。

睡眠サプリを選択する時は、含まれている成分を確認することが大切です。