お乳を上げているお母さんへ。

誕生したばかりの赤ちゃんは夜中にたびたび目が覚めて、そのつどお乳を上げたり、おむつ交換をしたりで落ち着いて眠る時間がありません。

十分に眠れず悩んでいるお母さんが沢山いらっしゃいます。

だからといって、睡眠薬に頼ることはいかがでしょう。

睡眠薬を飲むことは強制的に脳を休ませているので、お母さんの気持ちに関係なくとめどなく睡魔が襲います。

大切な赤ちゃんのメッセージに気付けず悲しい事故の危険性が強くなります。

そんなお母さんにはナチュラルな睡眠がとれるサプリメントを推奨します。

睡眠薬はお薬だから怖いという方でも、サプリメントは食品なので安心です。

添い乳は意外と危ない!?

お母さんと赤ちゃんが添い寝をしながら授乳することを添い乳といいます。

赤ちゃんに母乳を上げながら眠れるのでお母さんにとっても身体が楽なんです。

特に夜間の授乳は添い乳をされている方が多いようです。

実際私も添い乳をしていました。

眠るまで抱っこして、これでだいじょうぶ!とベッドに移すとパッチリ起きちゃう赤ちゃん。

抱っこのし過ぎで腱鞘炎になるほどで、もう体力も限界です。

だから添い乳はすごくありがたかったんです。

でもこの添い乳、実はとっても危ないかもしれない行動だったんです。

添い乳したままうっかり眠り込んでしまうと胸や体で赤ちゃんの顔をふさいでしまい、赤ちゃんが窒息死や圧死するかもしれない!なんて危険性があったんです。

確かに私も添い乳中に居眠りしてしまい、これは危ない!と思う事が幾度かありました。

添い乳中における睡眠薬使用がとっても危ない!

服用すれば、すぐにでもその効果が感じられる「即効性」がメリットといえるのが睡眠薬です。

しかし、それが睡眠薬の恐ろしいところでもあります。

服用後すぐに眠くなりそのまま寝入ってしまうと赤ちゃんの泣き声にきづけないことがあります・・・。

赤ちゃんは異常を知らせる為に泣いています。

それを見落とすのは恐ろしいことです。

夜間の授乳が何度もあると、お母さんはどうしても眠くなりウトウトしちゃいます。

普段なら母性から赤ちゃんの泣き声や変化に目が覚めるのですが、睡眠薬を服用していると起きることができません。

ですから、添い寝中に睡眠薬を服用することはとっても危ないんです。

ナチュラルな睡眠をとることが添い乳には重要

先程述べたように睡眠薬を服用してのお母さんの添い乳は本当に危ないです。

十分に気をつけましょう。

赤ちゃんにあわせた睡眠リズムで生活していると何度も夜中に目が覚めるので体もくたくたに疲れてしまいます。

それでもお母さんに代わりはいません。

夜間の授乳は、もう少し赤ちゃんが成長するまで続けなければなりません。

「添い乳しないとわたしの子、寝むってくれないの、どうしたらいいの?」「毎日授乳のたびに目が覚めるから、疲れが取れた気がしないわ」そんな悩みの声が聞こえます。

ナチュラルな睡眠がとれるようにはいったい何ができるんだろう・・・そんな折、睡眠サプリメントに巡り会えたのです。

授乳中だけでなく妊娠中でも飲めるという睡眠サプリメントと出会いすぐにも飲んでみました。

その結果、赤ちゃんに合わせて授乳をしていた夜間でも体の疲れがとれている感じがして、朝もスカッと起きられるようになったんです。

うちの子は添い乳がやめられないおっぱい大好きっ子だったのですが(笑)、添い乳をしたまま寝むってしまわないように注意すれば、安全をキープすることができました。

赤ちゃんが寝むってくれたら寝床の安心できる場所やベビーベッドにそーっと移すようにすれば、添い乳をやめなくても問題ないです。

ナチュラルな睡眠が授乳中でもとれる休息睡眠サプリメント

赤ちゃんが生まれてから夜の間、十分な睡眠を得られずつらい日々でした。

そのストレスから夫に辛くしてしまったりもしました。

これじゃいけないと睡眠サプリメントをとるようになり、みるみる睡眠の質に変化があらわれてきました。

相変わらず赤ちゃんは細かく寝起きしていましたが、私の方が赤ちゃんの睡眠リズムにそって眠れるようになりました。

とり始めから一週間ほどで布団に入った途端にすぐ眠れるようになりましたので、夜のストレスから解放されました。

赤ちゃんが夜泣きしても無理することなく目が覚めるので夜間の授乳が前みたいにつらくなくなりました。

授乳されている方・妊娠されている方でも安心してとれる睡眠サプリメント「グッドナイト27000」は身を持って効果を体験できたので、夜間の睡眠にお悩みのお母さんにオススメです。